SBIネオモバイル証券で初取引。指値・成行とは?前場・後場とは?FIREに一歩近づく?!

たつじです。

本日はSBIネオモバイル証券で初めて取引しましたので結果のご報告です。

ネオモバで初めて購入した銘柄

  1. KDDI
  2. 三井住友FG
  3. 伊藤忠商事

後場終値で買付となりましたので、評価損益は±0円です。伊藤忠商事は、バフェットさんも購入した話題の商社株です。

 

まずは株取引の基本から。指値と成行。ご存知の方は読み飛ばして下さい。

株取引には、指値注文と成行注文の2つの注文方法がありますが、SBIネオモバイル証券では、成行の取引しかできません。指値注文とは、指定した金額で株を買ったり売ったりする注文方法です。例えば、株価が510円のA社の株を「500円で買う」と指定して注文することを指値注文と言います。

この場合、A社の株が500円以下に下がらないと購入できません。株価が下がらず、取引時間中に購入できないまま、その日が終わることもあります。

一方で成行とは、値段を指定しない注文方法です。

SBIネオモバイル証券での約定ルールは以下の通りです(ホームページより)。

  • 0:00~7:00に注文した場合
    当日前場始値で買付または売却します。
  • 7:00~10:30に注文した場合
    当日後場始値で買付または売却します。
  • 10:30~13:30に注文した場合
    当日後場終値で買付または売却します。
    ※当日のお取引の状況によっては約定しない場合があります。
  • 13:30~24:00に注文した場合
    翌営業日前場始値で買付または売却します。

 



前場、後場とは?

東京証券取引所は、9:00〜15:00の間で取引が可能で、前場と後場に分かれています。

前場(ぜんば)は9:00〜11:30

昼休みを挟んで

後場(ごば)は12:30〜15:00

となります。サラリーマンは昼休みに株価をチェックするというのが兼業投資家のあるあるではないでしょうか?ちなみに今回の私の取引は、以下の条件でした。

  • 10:30~13:30に注文した場合
    当日後場終値で買付または売却します。
    ※当日のお取引の状況によっては約定しない場合があります。

経済的自由FIRE・セミリタイヤへ近づく。

これで私の配当金は、年間で数百円となるでしょう。FIREに近づきました!←ポジティブ過ぎですね笑

まだまだ道半ばですが、前向きに頑張ります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA