おすすめ!SBIネオモバイル証券で口座開設。日本の高配当株ポートフォリオを作る

Tポイントやdポイントなどを使って株や投信信託が購入できるポイント投資が広がってきています。中でも株を1株単位で購入できるSBIネオモバイル証券は、Tポイントの利用先としてオススメ。私も最近になって口座を開設しました。

残念ながら、ポイントサイト経由でポイントが付くことは、現時点ではありません。

 

Tポイントで気軽に投資ができる

通常、株の購入は100株単位ですが、SBIネオモバイル証券では1株から購入できます。例えば、ある会社の株を買いたいと思った時、1株1,000円だった場合、通常は100株分の10万円が必要ですが、SBIネオモバイル証券では、1,000円で1株だけ購入することができるのです。これなら余ったTポイントを使って気軽に投資ができますね。

手数料として、1ヶ月の約定(やくじょう)代金※が50万円以下の場合、220円(税込)が掛かりますが、毎月期間固定Tポイント200ポイントがもらえるので実質20円の負担で済みます。ただし、この期間固定TポイントはSBIネオモバイル証券でしか利用できないので注意して下さい。

※約定代金=購入金額と思ってください

 

1株から配当金ゲット。高配当株をコツコツと集める

株を購入すると、配当金を出している会社であれば、その配当金を受け取ることができます。ちなみに配当金とは、会社の利益を株主に還元するものです。

例えば、年間で1株当たり50円の配当金を出している会社の株を1株購入すれば、年間で50円もらえるということです。これで不労所得50円ゲット。経済的自由「FIRE」に一歩近づきます!ただし配当金には約20%の税金が掛かりますので、税引き後の約40円が手取りです。

では、どんな会社の株を買ってポートフォリオを組むか。私もつい先日、口座開設をしたばかりですので、まだ検討中ですが、以下の会社を考えています。

  • NTT
  • KDDI
  • JT
  • 三井住友FG
  • 商社株

NTTやKDDIは通信会社で経営は安定していると思いますが、懸念されるのは、ほぼ間違いなく次期総理となる菅さんの政策です。菅さんは、携帯電話料金の値下げを推進しており、今後の政策次第では両社の株価に大きな影響があると思います。実際、既に株価を下げています笑JTは皆さんご存知、タバコ会社です。禁煙は広がっていますが、まだ人気の高配当株です。三井住友FGは、銀行系ですが、こちらも高配当です。商社は、三菱商事や伊藤忠商事などです。投資の神様ウォーレン・バフェットさんが最近になって購入したと話題ですね。初めて日本株を買ったそうです。

分散投資でリスクも分散。最初の一歩を踏み出そう

1株ずつ買えるメリットは、リスクの分散がしやすいという点です。100株単位ですと株価が下落すると、ダメージが大きいですが、1株ずついろいろな会社に広く分散して投資すれば、ある会社の株価が下がっても他の会社でカバーできることがあります。

これからTポイントと現金を併用してSBIネオモバイル証券での高配当株投資を行います。1株ずつの購入予定ですので、本当に一歩ずつではありますが前進していきます。随時発信をしていきますので、お楽しみに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA